キミエホワイト 飲み合わせ・飲み方について。他の医薬品と一緒に飲む場合

飲み合わせ

 

キミエホワイトプラスは医薬品ですので、気になるのが他の薬などとの飲み合わせになりますよね。
他の薬と一緒に飲んだときに副作用が出てしまわないか気になる人も多いかもしれません。
キミエホワイトプラスを飲むときの注意点も含めてここで紹介します。

 

飲み合わせの注意はありませんが医師や薬剤師に相談すること

医師や薬剤医師に相談
まずキミエホワイトプラス単体だけ飲む場合は、副作用もまず起こりませんので何も心配する必要はありません。
問題は他の薬との飲み合わせですよね。

 

キミエホワイトプラスの主成分は下記のようになります。

 

  • L-システイン
  • アスコルビン酸
  • パントテン酸カルシウム

 

このような書き方をしていると分かりにくいのですが、簡単員説明するとアミノ酸とビタミンC、そしてビタミンB5になります。
一般的な食品に含まれているものですから、基本的にはどのような薬と飲み合わせをしても問題がないように思えます。

 

ただ、医薬品には代わりありませんので、他の薬を飲む必要があるときは必ず医師や薬剤師に相談するようにしましょう。
例えば風邪を引いたときなどに病院に行って薬をもらうときなど、キミエホワイトプラスを飲んでいることを告げて、服用を一時中断した方がいいのか、それとも継続してもいいのかを確認してください。

 

キミエホワイトプラスに限らず、医薬品を飲み合わせるような場合は、必ず専門家に相談をして、支持に従って正しい服用をするようにしてください。
相談をするときはキミエホワイトプラスの外箱を持っていくと、スムーズに判断してもらえます。

 

キミエホワイトプラスを飲むときの注意点

 

キミエホワイトプラスは医薬品ですので、きちんと定められた飲み方をする必要があります。
ここではキミエホワイトプラスの飲み方について説明します。

 

  • 1日3回毎食後の服用
  • 1回1錠
  • 3ヶ月継続する
  • 湿疹が出たら服用を止める
  • 15歳未満は服用不可

 

基本の服用方法

 

飲み方としては、1日3回毎食後30分以内に1錠服用します。
薬の吸収の効率を良くするためには、食後スグではなく30分後くらいの服用を推奨されています。
また食事の時間が取れないときでもパン一切れでも食べておけば、胃の中を食後と同じ状態にできますので、少しだけでも何かを食べた上で服用するようにしてください。

 

継続して飲み続けること

キミエホワイトプラスは即効性のある薬ではありませんので、継続した服用が必要になります。
一般的に肌のターンオーバーは28日間とされていますが、キミエホワイトプラスは42+年齢の日数必要になると考えられ、40歳であれば82日の服用をすることで効果を感じられるようになります。

 

とても期間が長くなりますが、副作用なく効果を出すためにはじっくりと時間をかけて治療する必要がありますので、できれば3ヶ月は継続してから効果の有無を判断するようにしましょう。
1ヶ月程度で結果が出ないと思ってやめてしまうと、改善していたものがストップしてしまいますので注意してください。

 

服用で異常が発生した場合は服用をやめる

キミエホワイトプラスは副作用がとても少ない薬ですが、薬による影響は個人差がありますので、人によっては湿疹などが発生することがあります。
キミエホワイトプラスの成分のうち、何かが肌に合わなかった可能性がありますので、異常を感じたらすぐに服用をやめてください。

 

服用をやめても改善されないようでしたら、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

 

服用は15歳以上から

15歳未満でシミが気になるというようなケースはないかと思いますが、キミエホワイトプラスの服用は15歳以上からとなっています。
親が飲んでいるのを見て、子どもが口にしようとする可能性もありますので、保管は十分に気をつけるようにしてください。
キミエホワイトプラスのホームページ上でも、15歳未満は「服用しないで下さい」と記載がありますので、気を付けましょう。