キミエホワイトは妊娠中にも飲める?|シミを消したい妊婦さん向け情報

妊娠中
妊娠経験のある人ならわかるかもしれませんが、妊娠中はシミができやすく、鏡を見るたびに憂鬱になることがあります。
できることならキミエホワイトプラスを使ってシミは消してしまいたいところですが、妊娠中ですので副作用などが気になりますよね。

 

シミで悩んでいる妊婦さんのために、ここではキミエホワイトプラスが妊婦さんに与える影響について紹介します。
妊娠中のシミの解消のために役立てて下さい。

 

妊娠中はなぜシミができやすくなるのか

 

妊娠中はきちんと肌のケアをしているにも関わらず、なぜかシミの発生が目立ちます。
外に出て紫外線を受ける機会も減りますので、肌が白くなりやすいというのも余計にシミを目立たせてしまうのですが、とにかく妊娠中はシミができやすくなります。

 

その理由はホルモンバランスの変化にあります。
妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発になります。この女性ホルモンの分泌により、肌はメラニン色素を生成が促されることによって、妊娠中はシミができやすくなります。

 

このようなシミは妊娠性肝斑と呼ばれ、一過性のシミであり消えやすいシミとされています。
そのため医師によっては「気にすることはない」と言うかもしれませんが、すべてのシミが消えてくれるとは限りません。
いくつも出来るシミのうち、いくつかはそのまま定着してしまう可能性があります。

 

特に妊娠中に紫外線を浴びると、この妊娠性肝斑は消えずに残りやすいと言われていますので、妊娠中はできるだけ紫外線を浴びないようにするのがベストです。

 

妊娠中のシミ対策

妊娠中のシミ対策
妊娠中のシミは下記の対策が必要になります。

  • 紫外線対策
  • 十分な睡眠
  • ビタミンCの摂取

紫外線対策は先述のように、できてしまった妊娠性肝斑を残さないようにするために重要で、もし妊娠中に外に出るようなときは日焼け止めクリームや帽子、日傘などを活用して、できるだけ紫外線を遠ざけるようにして下さい。

 

十分な睡眠をすることで肌のターンオーバーを促すことも重要です。
妊娠中はあまり運動もできないため、睡眠が不規則になりがちです。
肌のターンオーバーが進みやすい22時〜2時には必ず就寝するようにして下さい。

 

またきちんとした睡眠をとることで、ストレスも解消できます。ストレスは活性酸素を増加させ、その結果として体内のビタミンCが不足することになります。
ビタミンCが不足すると肌の状態が悪くなります。

 

ただし不足しがちなビタミンCは摂取すればいいことです。
そこで出てくるのがキミエホワイトプラスです。
キミエホワイトプラスはビタミンCを多く含んでいますので、活性酸素によって失われたビタミンCを補うことができ、妊娠中にシミができにくい環境を整えることができます。

 

もちろん、肌のターンオーバーを促すというキミエホワイトプラスの効果もプラスに作用しますので、キミエホワイトプラスは妊娠中のシミにも効果を期待することができます。

 

服用は医師と相談してから行うこと

医師に聞く
キミエホワイトプラスは妊婦さんのシミにも効果を期待できますが、実際に服用するとなると安易な服用を避けるようにして下さい。
キミエホワイトプラスは医薬品ですので、妊婦さんが服用する場合は、必ず医師に相談して下さい。

 

キミエホワイトプラスの副作用の可能性はとても低く、使用上の注意に妊娠に関する項目はありません。
それでも胎児に対してなんらかの副作用が絶対にないとは言い切れません。1%でも可能性があるなら使用は避けておきたいですよね。

 

どのような影響があるかは妊婦さんや胎児によって変わってきますので、使用可否の判断は医師に委ねるようにして下さい。
絶対に自己判断しないことが重要です。
他の薬との飲み合わせもありますので、すでにキミエホワイトプラスを使っている人が妊娠をしたときも、継続して使用していいのかについて医師や薬剤師に相談して下さい。