キミエホワイトは日焼け後のシミも消せる?日焼けでできたシミを諦める前に

日焼け後のシミへの効果
キミエホワイトプラスはシミに効果があるとされていますが、どれくらいのシミなら消すことができるのでしょう。
なかなか消えないと思われている日焼けのシミでも消すことが出来るのでしょうか?

 

ここではキミエホワイトプラスが日焼け後のシミに対しても、効果があるのかについて紹介します。
しつこい日焼け後のシミに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

 

日焼けのシミができるメカニズム

 

キミエホワイトプラスが、シミに対してどのようなアプローチをするのかを説明する前に、なぜ日焼けでシミができてしまうのかについて説明します。

 

シミは紫外線から体を守るために発生します。
紫外線は肌の細胞を壊してしまうのですが、そうならないために、皮膚がメラニン色素を作って肌を守ります。
肌は通常28日間でターンオーバーをして新しい肌に入れ替わるですが、メラニン色素もそこで入れ替わることになります。

 

ところが、日焼けをしてしまったときは細胞が異常状態になり、メラニンをいつまでも作り続けてしまい、排出が間に合わなくなってシミになってしまいます。

 

このような日焼けでできたシミは老人性色素斑と呼ばれて、40代前後で目立つようになってきます。
ただし40代になって急に出てきたものではなく、それまでの紫外線の影響の蓄積によって発生することになります。

 

日焼けのシミはキミエホワイトプラスで消えるのか

 

日焼けのシミの困ったところは紫外線の蓄積によってできるということです。
まだシミとしてできたばかりであればキミエホワイトプラスでも消すことができるのですが、しっかりと目立つしみになってしまったら流石にキミエホワイトプラスでも短期間で消すことが難しくなります。

 

ネット上の情報で「キミエホワイトプラスではシミが消えない」というような口コミを読んだ人もいるかと思いますが、そのほとんどが老人性色素斑で紫外線によってできたシミになります。

 

シミを消せないのならキミエホワイトプラスは大したことないと思うかもしれませんが、残念ながらしっかりと目立つくらいになったシミが消えるケースはキミエホワイトプラスが発売されてまだ短いためほとんどありません。
しかし、キミエホワイトプラスの成分でターンオーバーを繰り返していけば少しずつ消えていくのは期待できます。
ただし、シミが定着している老人性色素斑を消すにはレーザー治療をすすめます。

 

キミエホワイトプラスは日焼けには効果ない?

日焼け対策になる
キミエホワイトプラスは、すでにできてしまった日焼けによるシミを短期間で消すことは難しいのですが、これからできるシミ予備軍を減らすことはできます。

 

  • 黒色メラニンを作らせない
  • 黒色メラニンの生成を抑える
  • 黒色メラニンを排出
  • 肌の生まれ変わりを促進

 

これがキミエホワイトプラスのシミに対するアプローチになります。
メラニンを作らせないことと排出することで肌に黒色メラニンを溜めないようにしているため、キミエホワイトプラスを服用していれば、服用以降に受けた紫外線に対しては効果を発揮します。

 

レーザー治療とキミエホワイトプラスできれいな肌を取り戻そう

 

老人性色素斑は消すにはレーザー治療以外に治療方法はありません。
ただし一般の人には日焼けによるシミなのか、ニキビなどでできたシミなのか区別がつかないかと思います。
そういう意味ではまずはキミエホワイトプラスを服用して消せるシミを消してしまうことから始めましょう。

 

そして残ってしまった老人性色素斑はレーザー治療で消してしまいましょう。
それと同時にキミエホワイトプラスの服用も続けてください。
そうすることで、レーザー治療で消した後に発生するはずだったシミの発生を抑えることができます。

 

治療方法も医薬品も適材適所で有効に使うことが重要です。
キミエホワイトプラスはシミやソバカスに効果がある医薬品ですが、万能薬ではありません。
できることとできないことをしっかり把握して、キミエホワイトプラスで治せないシミは他の治療方法も活用し、お互いを補うようにしてください。